AMG E320T-3,6 WIDE WAGONの魅力。2-Seater Sports Track Style Mercedes Benz E-Class S 124 life  

W124 is the Mercedes-Benz internal chassis-designation for the 1985 to 1995/96 version of the Mercedes-Benz E-Class. The W124 models replaced the W123 models after 1985 and were succeeded by the W210 E-Class after 1995.E-1 Station Wagon 2-Seater Sports Track Style Mercedes Benz E-Class S 124 life  

W210のワゴンを2台まとめてLIQUI MOLY GT-1 10W-60 エンジンオイル交換です!

AMG DSCF5811


Auto Fashion Factory Yokohama 
2018 08 21 火曜日 AFF-1

W124ネタでは御座いませんが!

W210 後期V8    前期 V6   
AMG E55T ステーションワゴン銀色 LH 
15万キロ走行で元気に維持出来ています!
本日は2台まとめてエンジンオイル交換でした。

エンジンオイルはリキモリGT-1  

LIQUI MOLY  GT-1 

10W-60でエンジンオイル交換です!
全部で9,5リッター相当の交換量です!
さすがAMG  V8 OHC  エンジン5500cc

モノブロック18インチを外して
EURO FIVE USED 18インチを装着です。
W210のAMGで
ギリギリツライチになりました。

そして W210 前期 
AMG 仕様の白色 LH 
E36TスタイルのE320T 
ノーマルステーションワゴン
10万キロ走行ですが
色々と手直しメンテが必要でした。

こちらはプラグ12個の交換と
エンジン不調修理と配線の作り直し
コイルの交換作業です!

燃料ポンプの交換と
ポンプリレーの交換。
ATオイルの全量交換と
デフオイルの交換です!

この季節で効きの弱いエアコン
ガス補充と色々メンテでした。

LIQUI MOLY GT-1 
10W-60でエンジンオイル交換です!
全部で7,5リッター相当の交換量です!
コンパクトなV6エンジンで御座います!

明日以降は1ナンバー
構造変更継続車検の手続きです!
この時期はオイル交換が大切です!

LIQUI MOLY GT-1 
10W-60でエンジンオイル交換です!

灼熱の夏には早めの
エンジンオイル交換がお薦めです!

Toshifumi Kako




AMG DSCF5815






AMG DSCF5823







AMG DSCF5808







AMG DSCF5851







AMG DSCF5846







AMG DSCF5826








111111111DSCF5190








AMG DSCF5832








111111111DSCF5141








111111111DSCF5087









RS=^ADBFy47VTkpArgkvRyWh2JoFepOFYg-








37644013_2040932339273207_262950937381830656_o










AMG DSCF5757





AMG DSCF5769






AMG DSCF5785







AMG DSCF5739






AMG DSCF5746







AMG DSCF5728







AMG DSCF5717







AMG DSCF5710






AMG DSCF5701






AMG   DSCF5858







AMG DSCF5705







5555555  DSCF5633






999999_DSC3568






3333333333 _DSC9897








3333333333 _DSC9809






Auto Fashion Factory Co., Ltd.
株式会社オートファッションファクトリー


AFF1 Spots Classic Yokohama 
 
株式会社オートファッションファクトリー横浜店 AFF1
神奈川県横浜市都筑区早渕3-31-1
045-591-0888 
AM:12:00~PM:21:00


木曜日 定休日



Auto Fashion Factory Co., Ltd.

AFF3  Mechanical  Tokyo 

株式会社オートファッションファクトリー東京タワー3号店
東京都港区芝公園3−6−23光輪会館ビル1F
03-6459-0831 
AM:12:00~PM:20:00

木曜日  日曜日 祝日 定休日



W210 前期のE320T-3,6仕様のワゴンを 後期AMGスタイル仕様のE55T仕様に変更  そしてお約束の1ナンバースポトラスタイルで復活です。

3333333333 _DSC9600




Auto Fashion Factory Yokohama 
2018 08 19 日曜日 AFF-1


W210 前期のE320T-3,6仕様のワゴンを
後期AMGスタイル仕様のE55T仕様に変更 
そしてお約束の1ナンバースポトラスタイルで復活です。

初期型のW210 V6エンジン搭載車のノーマルE320を、
本物のAMGエアロコンプリートスタイルで仕上げました!

前期から後期エアロに交換させる為に、
ヘッドライトも後期ASSYに交換です。

それから後期用のW210ボンネットASSYへと入れ替え作業です。
W210ボンネットに交換させる時にサイドのフェンダー2枚も、
後期用のフェンダーへと左右セットで入れ替えました!

これだけではなくサイドモールプロテクターも全部後期用に交換です!
ヘッドライトの角度も奥行きも全然寸法的にチリも合いませんから、
面倒ですが全部板金屋さんクオリティーでの作り直し作業が必要だったのです。

AMGのエアロパーツも前後左右セット後期用に全て入れ替え作業でした!
アルミは少し重量級ですが懐かしきAMG  純正アルミ。 
鋳造モノブロックワンピース W210  18インチシリーズを装着です。

こんなにも必要以上の時間もコストも掛けるのなら、
それこそ本物のAMGコンプリートの後期モデルのE55Tが、
程度極上で安く入手出来ると思われますが!と言われます!
確かに今の時代ならコスト面でそう考えるのも無理は御座いません。

純粋に金額が安いとか高いとかが基準の判断では御座いません!
自分にとって損得勘定だけでなく如何に思い入れがあるマシンか、
大切なクルマをどう理想的に気持ち良く生返らせる事が出来るのか?
がカスタムモディファイとしてのメインコンテンツなので御座います!

スポトラスタイル!  1ナンバー構造変更登録は、
もうワゴンボディーなら お約束の旬な流れでも御座います!



Toshifumi  Kako  

 


111111111DSCF5059





数年前の 過去記事です!



2016年9月28日

W210 前期モデルのE320T/E55T仕様を 
同じくマイチェン後のW210 後期仕様の 
AMG E55T仕様にカスタムモディファイさせる 

ある意味無謀なる計画。



W124ネタでは御座いませんが、
クラシカルメルセデスの奥深さ!

W210 前期モデルのE320T/E55T仕様を
同じくマイチェン後のW210 後期仕様の
AMG E55T仕様にカスタムモディファイさせる
ある意味無謀なる計画。

さてさて 
クルマの残存価値とは何なのでしょうか?
そんな手の込んだ無駄な、
カスタムモディファイをするくらいなら
中古で程度の良いAMG E55Tを1台購入した方が、
費用対効果の恩恵から考えると、
リーズナブルですよ!
という時代でも御座います!

高いとか安いとかの問題から考えると
経済的な思考判断では、
確かに無駄金モディファイなんだと
世間様からはそう判定されるのかも知れません!

でも愛着問題とか気持ちの問題が絡むと
損得だけでは済まない情熱が
クルマの素材へと強く紛れ込むのかも知れません。

E320T/W210前期モデルも乗り続けて行くと、
これがなかなか良いクルマなんです!

弊社のレンタカーとして活躍してくれている
E320T/W210前期モデル。
とりあえずでは御座いますが、
AMG 初期型エアロで
外装はそれなりに仕上げております。

今回レンタカーとして千葉方面へお出掛け中に
運転技術のあまり上手ではない
サンデードライバーのおばさんに
右側面を3パネル領域でドカンと擦られました!

この年式ならもう古いから
修理するまでも無いとか、
車両の残存価値が基本的には無い
とか言われますが、
可愛い代車ですから修理に修理を重ね
それなりに愛着と思い出が御座います!

横を擦られただけで推定価値基準の判定で、
廃車コースなんてのは
それこそ可哀想過ぎなので御座います!

そこで急遽ドナーとして登場したのが
同じくE55T仕様のE43T/W210後期モデル
こちらはAT回路の故障で前進も後退も出来ない
コンディションで御座います。

AT修理で莫大なるお金を掛けるくらいなら
E320T/W210前期モデル復活に再利用です。

同じホワイト同士のボディー移植を計画しました。

内装レザーインテリアの全引っ越しと
ダッシュボードASSYの移植
外装は左右フェンダー交換に
ボンネット交換とヘッドライトの移植手術
ルーフレール左右の移植手術
テールレンズの移植手術
リアシートASSYの移植手術
電動フロントパワーシート左右の移植手術
ドア内張4カ所の前後左右の移植手術
ハンドルの交換、

AMG 後期リアバンパーは何とか
簡単に移植は出来ますが、
フロントセクションは
構造がまるで別のクルマだったです。

リアハッチASSYや
4枚のドアASSYの移植は諦めました!
難関はAMG 後期のフロントセクション
まずは左右のフェンダーは
高さも位置も傾きも微妙に違います!

ヘッドライトの固定位置も
数センチ程度位置が違うのです。

ボンネットのチリも合わず
ネジ位置もハウジングも全然合いません!

さらに前期モデルのW210へ
後期モデルのヘッドライトを移植ですから、
無理に無理が積み重なり
フィッティングどころの騒ぎではありません。

これは各部の構造作り直しと
溶接技術が必要な領域です。

フロントセクションのコアサポートの
骨格部のパネル移植が必要です。
さらに同じ純正のホワイトでも
色のトーンがこれまた全然合いません!

難関のオンパレードですが、
これもある意味貴重な経験ですから、
積極的にチャレンジしてみる価値はありそうです。

目指せW210で50万キロ大作戦
では御座いませんが、
このE320TのATが滑ったら
ここまですればそれなりの愛着が残りますから、
損得勘定を抜きにAT回路のOHはすると思います。

こうしていつまでも生き残るクルマと、
自然と朽ち果てて行く悲しきクルマと
生き残れるボディーマシンへと
分かれて行くのかも知れません!


Toshifumi Kako


2016年9月28日

W210 前期モデルのE320T/E55T仕様を 
同じくマイチェン後のW210 後期仕様の 
AMG E55T仕様にカスタムモディファイさせる 

ある意味無謀なる計画。
 


http://1240921.blog.jp/archives/66191890.html





37b412a7-s









3e23b82a











111111111DSCF5087










555555555_DSC3611










111111111DSCF5094








555555555_DSC3666









111111111DSCF5141









666666_DSC0177










111111111DSCF5099











6666666666_DSC5275











111111111DSCF5145








a06d621d









999999_DSC3428








666666_DSC0290










111111111DSCF5083










111111111DSCF5231










92ff1912-1











111111111DSCF5247








3333333333  _DSC9165










a06d621d










111111111DSCF5079










fee36432











3333333333 _DSC9171









3333333333 _DSC9443









3333333333 _DSC9211









531386a9









3e23b82a









111111111DSCF5190










3333333333 _DSC9447










111111111DSCF5217











3333333333 _DSC9448










111111111DSCF5158










3333333333 _DSC9457









999999_DSC3477







999999_DSC3428








111111111DSCF5183











3333333333 _DSC9476










111111111DSCF5151









3333333333 _DSC9484











111111111DSCF5145











111111111DSCF5099










111111111DSCF5247










111111111   DSCF5055











3333333333 _DSC9374










3333333333 _DSC9490










3333333333 _DSC9374











3333333333 _DSC9563











3333333333 _DSC9576












3333333333 _DSC9574










3333333333 _DSC9957











3333333333 _DSC9396










3333333333 _DSC9634









3333333333 _DSC9976











3333333333 _DSC9661










999999_DSC3364






999999_DSC3477





3333333333 _DSC9988











999999_DSC3428








3333333333 _DSC9678










3333333333 _DSC9993












3333333333 _DSC9687









3333333333 _DSC9940







7777777_P2Q3482










3333333333 _DSC9926









7777777_P2Q3434









3333333333 _DSC9932







7777777_P2Q3466










3333333333 _DSC9897









7777777_P2Q3414-1










7777777_P2Q3412











3333333333 _DSC9881







7777777_P2Q3384










3333333333 _DSC9912










7777777_P2Q3405









3333333333 _DSC9887








3333333333 _DSC9860









666666666_DSC0034









3333333333 _DSC9865









666666666_DSC0098








6666666666_DSC5158











3333333333 _DSC9854









666666666_DSC0034-1










666666666_DSC0031








3333333333 _DSC9873










3333333333 _DSC9843









666666666_DSC0012












3333333333 _DSC9862








3333333333 _DSC9827









666666_DSC0290











3333333333 _DSC9791







555555555_DSC3666










3333333333 _DSC9820








3333333333 _DSC9789









555555555_DSC3666








3333333333 _DSC9809







3333333333 _DSC9782






3333333333 _DSC9789







3333333333 _DSC9770







3333333333 _DSC9778










666666_DSC0177










3333333333 _DSC9738







3333333333 _DSC9748








3333333333 _DSC9760









666666_DSC0152










3333333333 _DSC9750









3333333333 _DSC9757









555555555_DSC3735










3333333333 _DSC9718







3333333333 _DSC9700







3333333333 _DSC9634








555555555_DSC3666










3333333333 _DSC9490





Auto Fashion Factory Co., Ltd.
株式会社オートファッションファクトリー


AFF1 Spots Classic Yokohama 
 
株式会社オートファッションファクトリー横浜店 AFF1
神奈川県横浜市都筑区早渕3-31-1
045-591-0888 
AM:12:00~PM:21:00


木曜日 定休日



Auto Fashion Factory Co., Ltd.

AFF3  Mechanical  Tokyo 

株式会社オートファッションファクトリー東京タワー3号店
東京都港区芝公園3−6−23光輪会館ビル1F
03-6459-0831 
AM:12:00~PM:20:00

木曜日  日曜日 祝日 定休日






666666_DSC0290








666666_DSC0177








6666666666_DSC5275








本多さん 憧れの3,6エンジン計画 AMG E320T-3,6 WIDE WAGONの本質的な魅力。






9999999_DSC8961


本多さん 憧れの3,6エンジン計画 
AMG E320T-3,6 WIDE WAGONの本質的な魅力。


3,6を積むという事はそれは AMG  アフターコンプリートの世界観。

当然ですが心臓が変るとアクセルを踏み込んだ時に感じる
中低速特有の加速時のトルクも大きく想像以上に変るのです!
ストレートシックスの最高峰エンジン
AMG   M104  ユニットは造り込みがまるで違います!
排気量にして僅か400cc程度のボアアップでは御座いますが、
それはもう半端無く伊達では御座いません!

1990年代ドイツ黄金期と呼ばれるあの時代。
AMG社は大資本のメルセデスの傘下に加わり
職人のハンドメイドから量産に切り替わった瞬間でした!

AMGが一番AMGらしかった頃の名機と呼ばれる最高傑作エンジンです。
AMG   M104   DOHC6気筒エンジンなので御座います!


Toshifumi  Kako  




37672637_2040930875940020_6227312205327499264_o










9999999_DSC9147









37679201_2040931739273267_486716680509063168_o










9999999_DSC8785









37679814_2040932192606555_4000075846478987264_o









37691997_2040931409273300_7672303438956331008_o










9999999_DSC9001









37649830_2040931662606608_74048319969558528_o









37699788_2040930369273404_8699179769528320000_o










9999999_DSC9161






9999999_DSC9134






9999999_DSC9143









37644013_2040932339273207_262950937381830656_o








9999999_DSC9118








9999999_DSC9089







9999999_DSC9053










37638111_2040930382606736_6142635649481572352_o










9999999_DSC9080









555555555  _DSC9678










9999999_DSC9034







9999999_DSC9099







9999999_DSC9020






9999999_DSC9003







9999999_DSC9011






9999999_DSC8961








9999999_DSC8991







9999999_DSC9011







9999999_DSC8946







9999999_DSC8933






9999999_DSC8904









9999999_DSC8880








9999999_DSC8895







9999999_DSC8911








9999999_DSC8889







9999999_DSC8879









9999999_DSC8858








9999999_DSC8870









9999999_DSC8872








9999999_DSC9161








37700486_2040931609273280_9005353595624751104_n








9999999_DSC9053









Auto Fashion Factory Co., Ltd.
株式会社オートファッションファクトリー


AFF1 Spots Classic Yokohama 
 
株式会社オートファッションファクトリー横浜店 AFF1
神奈川県横浜市都筑区早渕3-31-1
045-591-0888 
AM:12:00~PM:21:00


木曜日 定休日



Auto Fashion Factory Co., Ltd.

AFF3  Mechanical  Tokyo 

株式会社オートファッションファクトリー東京タワー3号店
東京都港区芝公園3−6−23光輪会館ビル1F
03-6459-0831 
AM:12:00~PM:20:00

木曜日  日曜日 祝日 定休日







AMG Gallery Photo image
  • 羽田さんのAMG E320T 3,6 コンプリートマシン修理中で御座います! 2018  09  12
  • 羽田さんのAMG E320T 3,6 コンプリートマシン修理中で御座います! 2018  09  12
  • 羽田さんのAMG E320T 3,6 コンプリートマシン修理中で御座います! 2018  09  12
  • 羽田さんのAMG E320T 3,6 コンプリートマシン修理中で御座います! 2018  09  12
  • 羽田さんのAMG E320T 3,6 コンプリートマシン修理中で御座います! 2018  09  12
  • 羽田さんのAMG E320T 3,6 コンプリートマシン修理中で御座います! 2018  09  12
  • 羽田さんのAMG E320T 3,6 コンプリートマシン修理中で御座います! 2018  09  12
  • 羽田さんのAMG E320T 3,6 コンプリートマシン修理中で御座います! 2018  09  12
  • 羽田さんのAMG E320T 3,6 コンプリートマシン修理中で御座います! 2018  09  12
AMG E320T-3,6 WIDE WAGONの魅力
Toshifumi Kako 1966

Verygood124

1994年06月に横浜は都筑にAFF-1 YOKOHAMA を創業 2012年04月東京タワー AFF-3 オートファッションファクトリー3号店を東京タワー近隣にOPENさせて頂きました。趣味性の強いオリジナル製品をデザイン&企画販売 少し癖のある 機械式腕時計専門店 生まれは1966年02月生まれの趣味人で御座います。 AFF-1 横浜市都筑区早渕3丁目 AFF-3 東京都港区芝公園3丁目 今後とも末永く よろしくお願い致します。加古 俊文