AMG E320T-3,6 WIDE WAGONの魅力。2-Seater Sports Track Style Mercedes Benz E-Class S 124 life  

W124 is the Mercedes-Benz internal chassis-designation for the 1985 to 1995/96 version of the Mercedes-Benz E-Class. The W124 models replaced the W123 models after 1985 and were succeeded by the W210 E-Class after 1995.E-1 Station Wagon 2-Seater Sports Track Style Mercedes Benz E-Class S 124 life  

2015年09月

門脇さんのAMG E320T-3,6 ブルブラワイドコンプリートの魅力。

6666666_DSC4130



Auto Fashion Factory Yokohama
2015  09  27 日曜日

AMG E320T-3,6 199  Special 124 Wagon  



20数年が経過したAMG E320T 3,6 Wagon
機械として存在している物質に対して時間20年の月日が流れた場合
消耗部品と交換させなくてはならない老朽部品とのバランスが考えられます。

パーツとして新品部品が物流センターにストックされ
メーカーに補修部品としてキチンと存在していて、
全部これらの気になる消耗純正パーツを新しくして行けば、
新車価格の約3倍近くに膨れ上がる計算となります。
毎年毎年、物流ロジスティック部品保管管理の維持チャージ料も含めて、
既に生産終了の車両パーツであっても数パーセント程度の値上がりを続けます。

活かせるパーツは寿命まで使用し早めに交換するパーツは
出来る限り早め早めに消耗部品交換を意識する。
完璧主義者と呼ばれる124オーナーの場合は
まったく違う行動に出るパターンに分かれます。

ゆっくりと消耗部品と寿命を前向きに捉えて
自分なりのカスタムモディファイをじっくりと楽しむパターン。
これはベース車両としてカスタムを前提に車両と向き合う精神哲学に似ています。
新しく改善して行く箇所に自分なりの喜びを見つけ楽しみと捉える考え方。
交換された部品は新しくその場所で機能してくれるのですから、
これこそ局部的に生まれ変わりカスタム本来の醍醐味が得られます。

その逆で手に入れた車両のコンディションから駄目な箇所だけを探し出して、
気になる場所の改善を試みることなく前の所有者や現状の問題点を嘆く、
機械で20年が既に経過した中古車両は造りたての新品部品の集合体である
ピカピカの新車コンディションとは当然違います。
中古車両としてのそれなりの環境は頭では理解していても、
感情のコントロールすらも出来ずに嘆きに変わります。
改善もされない環境では手に入れた時点からは劣化して行くばかりで、
当たり前ですが何もコンディションは良くはなりません。

これは人間関係にも非常に良く似ていて、
お互いが良くなる方向へと積極的に努力する人間関係は、
やがてはかけがえのない素晴らしい環境へと正しく流れて行きます。
最初から完璧なんてのは存在していないのだから、
良い方向へと意識を使う関係なのです。

逆のパターンは最初から全ての理想を求めて
駄目な部分を自分のルールで粗探しする思考回路。
これでは80点や85点の完成度でも完璧主義者の目に映れば
残念ながら100点合格ではないのです。
自分で100点に近ずける努力もせずに、
現状を嘆き99点以下は不合格となります。
妥協が出来ない神経質な気質の方は、
中古車という環境そのものが理解出来ないのかも知れません。
依存心が強くすべては周りの人達の責任にしてしまう、
自分都合の考え方はこれまた悲しいものが御座います。

20年の永い永い月日を一生懸命に生き抜いて来た
車両を自分の手で生き返らせるという意気込み
新しいオーナーがこれらの改善箇所と向き合う
それなりのテーマが与えられ、
蘇生させるという強い愛情と
愛車に対する根本的な想いが無い場合は、
当然ですがクルマは不幸な環境へと繋がります。
オーナー次第で信じられないくらいに
綺麗に生まれ変わるクルマ環境もあれば、
残念ながら改善環境も与えられずに、
老朽化が加速していく劣化パターンも御座います。


AMG E320T 3,6 Wagon  20年経過をどう考えるか?


Toshifumi  Kako  








6666666_DSC4016










6666666_DSC4092












6666666_DSC4010









6666666_DSC4039









6666666_DSC4108













6666666_DSC4152











6666666_DSC4192












6666666_DSC4244









6666666_DSC4235










6666666_DSC4270









6666666_DSC4336








6666666_DSC4277








6666666_DSC4343









6666666_DSC4283









6666666_DSC4350










6666666_DSC4286









6666666_DSC4371








6666666_DSC4235










本多さんのE320Tワイドワゴンの強烈なる存在感。

66666666_DSC8463



S124ワイドボディー専用設計で製作された
ワイドリアバンパースポイラーの存在。

メルセデスのS124ボディーをE500 T仕様に仕上げる時に
どうしてもこのリアバンパースポイラーのデザインに行き詰まります。
ワイドボディーの曲線美に対してAMGでは直線過ぎて標準ラインに無理が生じます。
そこでE500 Tの純正フロントと純正サイドスポイラーに合わせた場合、
最終的な自然なフォルムでの純正500バランスに困る事になります。
ワイドに合わせた専用設計のリアバンパースポイラーが存在していないのです。
最近ではウレタン素材のAMG  Ver 3エアロも入手が難しく、
500ワゴンスタイルとしてのリアワイドフェンダーに改造させた場合に、
直線ストレートと曲線美の融合それはつまりチリ合わせに多少の無理が生じます!
直線的なデザインをチリに合わせて引っ張って拡げる場合にストレスが生じます。
微妙な隙間を埋めるのはワゴンボディーの世界では不可能とされて来ました。

500リアワイドフェンダーのデザインに合わせて、
自由自在に違和感無く隙間を埋めそれでいながら、
フレキシブルに隙間の調整が出来るワイドボディー専用設計をご存知でしょうか?
マニアック過ぎて説明するのもなんですが、
こうした思い入れの強い500ボディ製作時の永年の課題でも御座いました!
知る人ぞ知る隠された名器と言えば多少大袈裟かも知れませんが、
20年間の間に蓄積されたノウハウは、
こうした小さな気になる隙間や理想を追求して行く問題点に、
ストレートにカスタムモディファイとしての改善案としてメスを入れて行きます。

Toshifumi  Kako   





66666666_DSC8327











66666666_DSC8259












66666666_DSC8476












66666666_DSC8277










66666666_DSC8409












66666666_DSC8449













66666666_DSC8367









66666666_DSC8288












66666666_DSC8306












66666666_DSC8169












66666666_DSC8356











66666666_DSC8153












66666666_DSC8119













66666666_DSC8140











66666666_DSC8069









66666666_DSC8367












66666666_DSC8119












66666666_DSC8058












66666666_DSC8018












66666666_DSC7893











66666666_DSC7911









888888_DSC0073










66666666_DSC7983













888888_DSC0061












66666666_DSC8476













66666666_DSC8327













66666666_DSC8463
















AMG E320T 3,6 Wagon 20年経過をどう考えるか?

12028767_512009465625813_7501358572813983446_o


Auto Fashion Factory Yokohama
2015  09  22 火曜日

AMG E320T-3,6 199  Special 124 Wagon  



20数年が経過したAMG E320T 3,6 Wagon
機械として存在している物質に対して時間20年の月日が流れた場合
消耗部品と交換させなくてはならない老朽部品とのバランスが考えられます。

パーツとして新品部品が物流センターにストックされ
メーカーに補修部品としてキチンと存在していて、
全部これらの気になる消耗純正パーツを新しくして行けば、
新車価格の約3倍近くに膨れ上がる計算となります。
毎年毎年、物流ロジスティック部品保管管理の維持チャージ料も含めて、
既に生産終了の車両パーツであっても数パーセント程度の値上がりを続けます。

活かせるパーツは寿命まで使用し早めに交換するパーツは
出来る限り早め早めに消耗部品交換を意識する。
完璧主義者と呼ばれる124オーナーの場合は
まったく違う行動に出るパターンに分かれます。

ゆっくりと消耗部品と寿命を前向きに捉えて
自分なりのカスタムモディファイをじっくりと楽しむパターン。
これはベース車両としてカスタムを前提に車両と向き合う精神哲学に似ています。
新しく改善して行く箇所に自分なりの喜びを見つけ楽しみと捉える考え方。
交換された部品は新しくその場所で機能してくれるのですから、
これこそ局部的に生まれ変わりカスタム本来の醍醐味が得られます。

その逆で手に入れた車両のコンディションから駄目な箇所だけを探し出して、
気になる場所の改善を試みることなく前の所有者や現状の問題点を嘆く、
機械で20年が既に経過した中古車両は造りたての新品部品の集合体である
ピカピカの新車コンディションとは当然違います。
中古車両としてのそれなりの環境は頭では理解していても、
感情のコントロールすらも出来ずに嘆きに変わります。
改善もされない環境では手に入れた時点からは劣化して行くばかりで、
当たり前ですが何もコンディションは良くはなりません。

これは人間関係にも非常に良く似ていて、
お互いが良くなる方向へと積極的に努力する人間関係は、
やがてはかけがえのない素晴らしい環境へと正しく流れて行きます。
最初から完璧なんてのは存在していないのだから、
良い方向へと意識を使う関係なのです。

逆のパターンは最初から全ての理想を求めて
駄目な部分を自分のルールで粗探しする思考回路。
これでは80点や85点の完成度でも完璧主義者の目に映れば
残念ながら100点合格ではないのです。
自分で100点に近ずける努力もせずに、
現状を嘆き99点以下は不合格となります。
妥協が出来ない神経質な気質の方は、
中古車という環境そのものが理解出来ないのかも知れません。
依存心が強くすべては周りの人達の責任にしてしまう、
自分都合の考え方はこれまた悲しいものが御座います。

20年の永い永い月日を一生懸命に生き抜いて来た
車両を自分の手で生き返らせるという意気込み
新しいオーナーがこれらの改善箇所と向き合う
それなりのテーマが与えられ、
蘇生させるという強い愛情と
愛車に対する根本的な想いが無い場合は、
当然ですがクルマは不幸な環境へと繋がります。
オーナー次第で信じられないくらいに
綺麗に生まれ変わるクルマ環境もあれば、
残念ながら改善環境も与えられずに、
老朽化が加速していく劣化パターンも御座います。


AMG E320T 3,6 Wagon  20年経過をどう考えるか?


Toshifumi  Kako  






11030753_512009218959171_5578518428062421162_o












12000881_512009045625855_7485819077673384173_o












12031407_512009248959168_6373991289404987960_o













12030539_512009342292492_4616887824488531586_o












12032837_512009585625801_5769254318215391011_o













12031595_512009185625841_7183304313339298131_o













12045308_512009092292517_5348153883395046471_o











c1b65894











ce15a0d9-s




AFF1 Auto Fashion Factory Yokohama

Thanks to its inception in '20

Co., Ltd. Auto Fashion Factory Yokohama AFF1
Yokohama, Kanagawa Prefecture Tsuzuki-ku Hayabuchi 3-31-1
 
045-591-0888

AM: 11: 30 ~ PM: 21: 00
Thursday regular holiday



AFF3 Mechanical Tokyo

Tokyo just right in the middle

Co., Ltd. Auto Fashion Factory Tokyo Tower 3 shop
Tokyo, Minato-ku, Shiba Park 3-6-23 halo Kaikan Building 1F
 
03-6459-0831

Representative Director Kako Toshifumi
AM: 11: 30 ~  PM: 20: 00





雨に濡れる本多さんのAMG E320T 3,6仕様のワイドワゴン

6666666_DSC0187



Auto Fashion Factory Yokohama
2015  09  06 日曜日

AMG E320T-3,6 Wide 500  Special 124 Wagon  


本多さんのAFF  EURO FIVE 18  ポルシェCAP 
マッチョな500フェンダーホワイトワイドワゴンです。
前後はお約束のAFF  Special 124 Wagon  エアロで完全武装。
リアフェンダーが超ワイドになっているワゴンボディー車両にだけ対応です。 

Toshifumi  Kako  










6666666_DSC0176





AFF1 Auto Fashion Factory Yokohama

Thanks to its inception in '20

Co., Ltd. Auto Fashion Factory Yokohama AFF1
Yokohama, Kanagawa Prefecture Tsuzuki-ku Hayabuchi 3-31-1
 
045-591-0888

AM: 11: 30 ~ PM: 21: 00
Thursday regular holiday



AFF3 Mechanical Tokyo

Tokyo just right in the middle

Co., Ltd. Auto Fashion Factory Tokyo Tower 3 shop
Tokyo, Minato-ku, Shiba Park 3-6-23 halo Kaikan Building 1F
 
03-6459-0831

Representative Director Kako Toshifumi
AM: 11: 30 ~  PM: 20: 00






AMG Gallery Photo image
  • AMG E320T-3,6 WIDE WAGONの魅力。愛知県岡崎市の鈴木さん ドイツ車の複数台所有を目指して!
  • AMG E320T-3,6 WIDE WAGONの魅力。愛知県岡崎市の鈴木さん ドイツ車の複数台所有を目指して!
  • AMG E320T-3,6 WIDE WAGONの魅力。愛知県岡崎市の鈴木さん ドイツ車の複数台所有を目指して!
  • AMG E320T-3,6 WIDE WAGONの魅力。愛知県岡崎市の鈴木さん ドイツ車の複数台所有を目指して!
  • AMG E320T-3,6 WIDE WAGONの魅力。愛知県岡崎市の鈴木さん ドイツ車の複数台所有を目指して!
  • AMG E320T-3,6 WIDE WAGONの魅力。愛知県岡崎市の鈴木さん ドイツ車の複数台所有を目指して!
  • AMG E320T-3,6 WIDE WAGONの魅力。愛知県岡崎市の鈴木さん ドイツ車の複数台所有を目指して!
  • AMG E320T-3,6 WIDE WAGONの魅力。愛知県岡崎市の鈴木さん ドイツ車の複数台所有を目指して!
  • AMG E320T-3,6 WIDE WAGONの魅力。愛知県岡崎市の鈴木さん ドイツ車の複数台所有を目指して!
AMG E320T-3,6 WIDE WAGONの魅力
Toshifumi Kako 1966